夏から秋の肌は油断大敵!プラス5歳の老け顔は明石市エステ・トキブルームで解消

Bijouのブログ

こんにちは!toki bloomの小山和子です。

肌の調子を崩しやすいと言われている季節の変わり目。

特に夏から秋にかけては、『夏老け』という言葉もあるように肌にとってはリスクの多い季節です。

なんとなく肌の調子が悪いなぁと思っているうちに、秋の花粉の季節に。

せっかく心地よい季節になるのに、肌の調子が悪くなるのは勿体ないですよね。

秋の肌荒れの主な原因、改善のポイントをお伝えします。

夏から秋にかけての肌の不調

ほとんどの人が何らかの肌の不調を感じています。

季節の変わり目は肌の不調を感じやすいようですね。

その原因は・・・。

夏から秋の肌、不調を感じる原因は角質!?

なぜ、夏から秋にかけて、肌の不調に悩まされるのでしょう。

夏は汗や湿気で肌がベタベタして潤っていると思いがちですが。

実は肌の奥では紫外線のダメージや冷房による乾燥で、水分不足が進んでインナードライに。

さらにダメージをうけた肌の表面は、新陳代謝の遅れで古い角質が溜まっているんです。

スキンケアによる潤いが肌に届かなくなり、さらに乾燥が進んでしまいます。

乾燥した肌は、カバーするために余計な皮質を分泌。

それが「ニキビや吹き出物」「肌荒れ」につながります。

まずは、乾燥をさけるために、溜まった肌表面の角質を落とすことが大切。

そして、肌の奥で生まれてくる新しい肌にたっぷりと保湿することが大事です。

夏から秋の肌状態は乾燥や冷え

秋の初めの肌は、暑い夏を過ごしてお疲れモード。

夏の紫外線を浴び続けて、シミ・くすみが目立ち、内部はダメージを受けてハリのなさを感じます

さらに秋が深まり、冬に向かうにつれて気温・湿度が低下すると、血行が悪くなります。

すると、皮脂や汗の分泌が減少し、皮脂膜が十分つくられなくなり、目元・口元・頬などにカサツキが…。

今のうちにケアしないと、プラス5歳肌の老け顔にまっしぐらに。

秋の肌荒れは季節だけじゃない!肌とストレスの関係性

秋の肌荒れの主な原因は、夏に浴びた紫外線ダメージや気温と湿度の低下ですが、それだけではありません。

「ストレス」も肌に大きな影響を与えてます。

心と肌が密接につながっていることをご存知でしょうか?

例えば

高層ビルから真下を見下ろしたとします。

恐怖に足がすくみ、一瞬のうちに心臓の鼓動が高まり、血圧は高く。

そして、肌では血管が収縮、顔は青ざめ、手のひらには汗をかきます。

これは、皮膚が全身から大きく影響を受けていることを表しています。

このように、私たちは過度なストレスを受けると血管が収縮し、女性の場合は男性ホルモンが増加します。

さらに、免疫機能の低下が起こることで肌の生まれ変わりが不調になり、肌表面のバリア機能も低下。

肌荒れを起こしやすく改善しにくい状態を引き起こしてしまいます。

夏から秋の肌荒れを改善!!スキンケアのポイント

環境の変化やストレスなど、肌への負担が大きくなる秋の始まり。

この時季のおすすめ肌荒れ解消法は、いつものスキンケアにプラスワンすること。

★くすみ透明感が気になる人は…

血行を促す効果のある美容液やクリームをプラスしたり、マッサージも効果的

★肌のゴワつきや乾燥が気になる人は…

保湿力の高いフェイスマスクをなど

いつもより肌をいたわってあげると効果的です。

また、肌ストレス解消には生活習慣の見直しも必要です。

良質な睡眠やバランスの取れた食事をこころがけ、内側からも肌荒れ改善に努めましょう。

まとめ

季節の変わり目は、お肌はもちろん身体の不調も気になりますよね。

朝晩は少し涼しく感じても、日中はまだまだ日差しが強い日も…。

夏の紫外線を浴びすぎて、お肌も身体も「お疲れモード」に。

トキブルームでは、肌の気になるお悩み別にエステをおこなっています。

身体はリンバを流してムクミ、セルライトをやっつけて、スッキリボディに。

早めのケアでお肌も身体もスッキリして、秋のお出かけを楽しみましょう♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました