明石市エステ・トキブルームで小顔に!!顔が大きく見えるのは○○とは限らない~6つの原因~

Bijouのブログ

こんにちは!toki bloomの小山和子です。

女性なら誰もが小顔に憧れますよね。

整形でもしない限り顔が小さくなることはないと考えてる方…。

顔が大きく見える人の原因は骨格だけではありません。

今回は顔が大きい人の特徴や原因についてご紹介します。

顔が大きく見える原因を探れば小顔も夢じゃない!?

小顔を目指すための6つの原因をみていきましょう。

顔が大きく見える原因

原因① 脂肪太りによるもの

原因② むくみによるもの

原因③ 骨盤、姿勢のゆがみによるもの

原因④ 顔の筋肉によるもの

原因⑤ 噛み合わせによるもの

原因⑥ 生まれつきの骨格か大きい

顔が大きく見える原因 脂肪太りによるもの

運動不足や過食による脂肪の蓄積は、顔が大きい人の原因の1つ。
脂肪太りで顔が大きくなった場合は、顔全体がパンパンなので、ヘアスタイルでは隠し切れません。
さらに、顔も体と同じで表情筋を使わなければ脂肪を減らすことは難しいです。
リンパマッサージをして血流をよくするのが効果的。

近頃は顔ヨガで小顔美人を目指す人も多いようです。

顔が大きく見える原因 むくみによるもの

顔が大きい人は、日常生活におけるむくみが原因の可能性もあります。
食生活の乱れによるものはもちろん、アルコールを飲んだことによるむくみが蓄積されます
お酒の飲み過ぎは、翌日の二日酔いとむくみを引き起こすので、ほどほどに。

大量にアルコールを摂取し過ぎると、血液中のアルコール濃度が上がり血管が広がります。

広がった血管は水分が染み出しやすく、その水分ががむくみを引き起こしてしまいます。

さらに、運動不足は血行不良を引き起こすので、むくみにつながります。
運動をする時間がない場合は、マッサージが効果的。
同時に体の冷えも血行不良の原因になるので、むくみを予防のためにも体を冷やさないようにしましょう。

顔が大きく見える原因 骨盤、姿勢のゆがみによるもの

体の中心にある骨盤の歪みは、身体に様々な影響を与え、顔のゆがみにも連動しています
・猫背

・頬杖

・いつも重心が左右どちらかに傾いている

など、姿勢に癖があると骨盤のゆがみをまねいてしまいます。
骨盤、脊髄などの背中の骨、頭蓋骨、これらはすべて繋がっているため、土台である骨盤がゆがんでしまうことで頭の骨にもゆがみが出てきてしまいます。
そして、それが顔のゆがみへと繋がってしまうのです。
骨盤のゆがみは、見た目で判断つきにくいです。
でも顔のゆがみは、鏡で左右対称かどうか確認することができますよね
□ 眉毛の位置

□ 目の位置

□ 頬骨の高さ

□ 口角の高さ
など、ゆがみはありませんか?
一度、自分の顔をじっくり観察しみましょう。
また、デスクワークの多い方や、長時間パソコンやスマホをみている人も要注意!!
画面を見る姿勢が猫背になりがちで、正面から見ると顔が大きい人に見られます。
猫背の姿勢が長時間続くと慢性化されて、普段の姿勢が猫背になってしまいます。
また、長時間同じ姿勢でいることで、肩こりに。
肩こりは血流を悪化させるため、顔のむくみやたるみにつながるので注意。

顔が大きく見える原因 顔の筋肉によるもの

顔のたるみは、顔が大きい人に多い特徴です。

例えると、無表情の人は顔のパーツを動かしていないため、顔の筋トレができてません。

これでは、体と同じでたるんでしまいます。

また、頭皮が固い場合も顔が大きい人の特徴です。

頭皮の衰えは、顔の筋肉を支えることができないのと同じこと、顔もたるみます。

スマホを見るときに下を向いているので二重顎ができる原因に。

二重顎はヘアースタイルを変えても隠し切れません。

さらに顔が大きく見られますし、老けて見えやすいので注意。

顔が大きく見える原因 噛み合わせの悪さによるもの

咬筋(こうきん)が発達している人も、顔が大きい人の特徴。

咬筋はエラ部分についている筋肉。

この咬筋が必要以上に発達してしまうと、顔が大きくなってしまいます。

本来、上下の歯を嚙合わせるのは、食事の時に食べ簿のを噛んでいる時だけです。

しかし、現代人はストレスなどが原因で無意識に噛みしめや歯ぎしりをしているという人が多いようです。

食事以外での噛みしめ、睡眠中に無意識に行う歯ぎしりが増えると咬筋が発達してエラが張り、大きな顔の原因となります。

また、片方だけを主に使って噛んでいると顔のゆがみにつながります。

咬筋が発達している人は、髪をおろしたヘアスタイルで咬筋を隠したり、マッサージでコリをほぐすのがオススメです。

顔が大きく見える原因 生まれつきの骨格が大きい

骨格そのものが大きいというのが、顔が大きい人の一番の悩みですよね。
顔が大きい先天的な原因として生まれもった骨格があります。

生まれつき骨格が大きい

・おでこが広い

・エラが張っている

・頭蓋骨が平均よりも大きめ

など、生活習慣で作り出している訳ではない場合です。

頭蓋骨と身体全体のバランスがとれていればOK!!

頭蓋骨の大きさの違いは3㎜程度と個人差は少ないと言われています。
長身の人やがっしりした体型の人は、それと比例して頭蓋骨も大きめになってきます。
長身、がっしりした体型の人は、身体全体のバランスをみると意外に顔の大きさは気にならなくなりますね!

顔が大きく見える原因 疲労やストレスが溜まっている

不規則な生活を続けていると、疲労や睡眠不足を引き起こすだけでなく、体にストレスが溜まりがち。

これらは、ホルモンバランスの乱れを誘発するため、血流悪化、代謝の低下につながり、むくみにやすくなります。

体の中の血液がスムーズに流れず、老廃物がの中に滞ってしまうことでもむくみが生じます。

血行不良は、長時間の立ち仕事や運動不足などの一時的なものは比較的改善することは簡単。

だけど、加齢、肥満、そしてストレスなどによっても引き起こされてしまうものです。

そういった慢性的な血行不良は、食生活や生活習慣の見直しが必要となってきます。

まとめ

顔が大きく見える原因は、もともとの骨格だけが原因とは限りません。

先天的な原因もあれば、生活習慣によって生じる後天的原因もあります。

原因を知ることで、小顔を目指すためのポイントが見つかるはず。

ぜひ、参考にしてくださいね。

そして、自分だけのケアで困った時はトキブルームにお任せください。

リンパマッサージや小顔メイクなど…伝授します!!

心も体もスッキリして、秋のお出かけを楽しみましょう♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました