明石市大久保エステ☆トキブルーム☆くすみケアは気づいた時がはじめどき!!原因と対処法

Bijouのブログ

こんにちは。

50代からの美肌をつくるトキブルームの小山和子です。

日々の疲れから?鏡を見るとなんだかさえない、元気に見えない…。

そんな「どんよりくすみ」は、気づいた時がケアの初め時です。

いろいろな原因がある「どんよりくすみ」は、ケアと予防で少しずつ解消していくことができます。

くすみの種類に合わせた原因、対処法、日常に取り入れてほしいことなど、ご紹介します。

くすみの原因は?

お肌がくすんでしまう原因には、主に以下の3つが挙げられます。

①血行不良によるくすみ

②乾燥によるくすみ

③酸化によるくすみ

肌がくすむ原因① 血行不良

肌がくすむ主な原因の1つは「血行不良」です。

目の下などもともと、皮膚が薄い部分では血液の流れが滞ると、停滞して溜まった血液が透けて見えて、肌の色が黒っぽく見えるように。

すると、全体的に顔色がトーンダウンして、黒ずんで見えます。

このくすみは、特に色白の肌の方が目立ちやすいです。

こんな人は血行不良タイプのくすみ

☑ 目の下に青っぽいクマがある
☑ 顔全体の色が暗い
☑ 冷え性気味
☑ 寝不足で疲れが溜まっている

また、血行不良の状態だと肌のすみずみまで栄養素が行き渡らず、肌にツヤがなくなり、血色も悪く、疲れた印象に。
マッサージなどで血行促進したり、睡眠をたっぷりとったり、十分な食事で栄養不足を防いだりすることが、くすみのない美肌への近道になります。

肌がくすむ原因② 乾燥

肌がくすむ原因として、紫外線や間違ったスキンケアによる「乾燥」も挙げられます。

乾燥によってお肌のターンオーバーが乱れ、表皮の古い角質が剥がれ落ちにくくなると…

・肌表面のキメ細かさが失われる
・肌が光をきれいに反射しない

このため、顔色がどんよりして透明感が失われてしまいます。
こんな人は乾燥タイプのくすみ

☑ 化粧のりが悪く、肌に透明感がない
☑ 肌がカサついている
☑ 毛穴が目立つ

さらに乾燥によって肌代謝が乱れると、古い角質が毛穴を塞ぎやすくニキビの原因になったり、目元の小ジワができやすくなります。
肌代謝(ターンオーバー)と保湿を意識した正しいスキンケアを心がけることで、乾燥によるくすみの改善につながります。

肌がくすむ原因③ 糖化

あまり聞きなじみのない言葉ですが「糖化」という現象も肌がくすむ原因のひとつです。

肌の糖化とは…
糖化とは、真皮層にあるタンパク質(コラーゲンなど)が体内の余分な糖質と結びつく現象のこと。
糖化したタンパク質は、黄色っぽく変色するため、肌も黄色くいすんで見えてしまいます。
糖化はエイジング、老化現象のひとつです。
そのため、20代などの若い方より30代後半以降に多く現れます。
こんな人は糖化タイプのくすみ

☑ 肌が黄色っぽい

☑ 肌にハリ・ツヤがない
☑ 食生活が乱れがちで、炭水化物や甘いものをよく食べる
糖化が原因のくすみは、毎日の食事を見直したり、体の内側と外側からエイジングケアをしたりすることで改善ができます。
食事に加えて、エイジングの大敵である活性酸素の発生を抑えるサプリメントを取り入れるのも効果的。

肌のくすみを改善する3つのセルフケア

様々な原因で起こる肌のくすみ対策には、次にご紹介する3つのケアを実践してみてください。
複数の原因に当てはまる人は、できるものから1つずつ試してみてくださいね。

1.肌のくすみを改選するマッサージ方法

肌のくすみ対策には、血行促進のためのマッサージが効果的。

血行不良が原因のくすみに、特におすすめのケア方法で、乾燥やシワ予防にも繋がります。

◆くすみをケアする簡単マッサージ

①鎖骨上にあるくぼみを指で軽く10回押す
②頬に指を軽く押し当てて、鼻筋から眉間の方向にさする
③こめかみを軽く押さえて、フェイスラインに沿っておろす
④耳の下から首筋に沿っておろす

マッサージは、毎日行うのが理想的ですが、体調が悪い時は無理に行わないようにしてくださいね。

力の入れ過ぎは逆効果

力強いマッサージは肌を痛める原因に。
フェイスクリームなどを使って、指で軽く押すように行ってくださいね。

2.肌のくすみを改善するスキンケア方法

肌のくすみを改善するためには、保湿を意識したスキンケアが大切。
とくに「乾燥で肌がくすみがち」という方は、次のような手順で正しいスキンケアをここらが毛ましょう。
正しいスキンケアの手順
①クレンジング…洗浄力の優しいものがおすすめ
②洗顔… たっぷり泡立てて、35℃前後のぬるま湯でやさしくすすぐ
③化粧水&乳液…手の温度で軽くあたため、適量を2回に分けてやさしくなじませる
④美容液&クリーム…手であたためてやさしくつける
乾燥する目元・口元には重ねづけ
※さらに保湿+美白効果のある化粧品を使えば、より透明感のある肌を目指せます。
肌の乾燥を招くNGケア

✖ ゴシゴシこするように洗顔する
✖ 強い力でパッチングする
✖ スキンケアは化粧水だけで終わる など

3.肌のくすみを改善する食事の摂り方

肌のくすみを改善するためには、毎日の食事方法を見直すのも効果的。
特に糖化による黄ぐすみが気になる方は、以下のような食事の摂り方を意識しましょう。
くすみを予防・改善する食事の摂り方

・主食を減らして野菜を増やす ※主食は白米よりも玄米がおすすめ
・甘いお菓子やジュースは控える
・丼ものやパスタより緑黄色野菜の多い定食を選ぶ

さらに「食物繊維」が豊富

・きのこ類…生しいたけ、えのき、まいたけ など
・海藻類…ひじき、こんぶ、わかめ など
・緑黄色野菜…にんじん、かぼちゃ、トマトなど
の食材を積極的に摂り入れるのもおすすめ。

血糖値の上昇を抑えて糖化を予防し、くすみにくい肌へと整えてくれます。

肌のくすみをケアする生活習慣

肌のくすみケアには、毎日の生活習慣を少し意識してみるのもおすすめ。
睡眠・運動といったちょっとしたことだけでも、さらにくすみ改善に繋がります。
質の良い睡眠をとる
・就寝前にスマホやPCをさわらない(※スクリーンから出るブルーライトは目がさえる)
・就寝前の3時間は食事を摂らない
軽い運動をする

・移動時になるべく階段を使う
・入浴後に軽いストレッチをする

できる範囲で始めてくださいね。

まとめ

肌のくすみについて、お伝えしました。
もう一度、肌のくすみの原因と改善方法をおさらいしましょう。
くすみの原因

①血行不良
②乾燥
③糖化
くすみを改善するセルフケア

・血行促進マッサージ…毎日続けると効果的。血行不良に◎
・正しいスキンケア…保湿ケアができる化粧品が効果的。乾燥くすみに◎
・食事の摂り方の見直し…主食を蹴らす、甘いものを控える。糖化くすみに◎

このような対策を毎日しっかり続けることが、肌のくすみ解消の近道。
くすみを解消して、透明感のあるお肌を目指しましょう!!
タイトルとURLをコピーしました