明石市大久保エステ☆トキブルーム☆梅雨シーズンの不調『梅雨だる』の原因とおすすめの対策

Bijouのブログ

こんにちは。

50代からの美肌をつくるトキブルームの小山和子です。

「体がだる重い」

「やたらと肩こりがひどい」

「なんだか気分が落ち込む」…

梅雨時に特有の不調を『梅雨だる』という言葉があるぐらい、梅雨は心身ともに不安定になりやすい時期です。

今回は『梅雨だる』の原因と対策についてお伝えします。

『梅雨だる』の原因は低気圧

梅雨シーズンは、低気圧の日が続きます。

低気圧のときは、自律神経のバランスが崩れて、体をリラックスモードにさせる副交感神経が優位になりやすくなります。
副交感神経が優位になると、起きた後も体がアクティブモードに切り替わらず、それが日中の体のだるさにつながります。

また、低気圧の影響に加えて、気温の上昇・雨による湿度の高まり、そして朝晩の寒暖差などの気象ストレスが、だるさ以外にも様々な健康上の影響を及ぼします。

体の症状

■体が重く、だるさを感じる

■肩こりがひどい

■頭痛やめまいを感じる

■朝起きれなくなる

■日中に眠くなる

■腰痛

■むくみやすくなる

■目の疲れ

■疲れがいつまでも残る  など

心の症状

■やる気がでない

■なぜか憂鬱な気分になる

■イライラしてしまう

■集中力が続かない

■不安を感じることが多くなる  など

すぐにできる!『梅雨だる』対策

外出前

■朝は洗顔の最後に水洗顔でシャッキッ!交換新患を活発に。

■羽織るものを1枚持って、気温差に備える

梅雨時は、電車や仕事場などでエアコンをつけるタイミングでもあります。

朝晩だけでなく、外と中の温度差にも注意が必要です。

就寝前

■38~40℃くらいのぬるめの炭酸浴

炭酸ガス入りの入浴剤をいれて、ゆっくりリラックス。シュワシュワの炭酸ガスが温浴効果を高めて血行を促進。1日の疲れをジワっと和らぎます。

■寝る前に蒸しタオルで目元を温める

■照明を消した後はスマホを見ない

自分で押せる手のツボ

全身に多くのツボがあります。
『梅雨だる』の症状に効くツボをご紹介します。

◆合谷(ごうこく)・・・肩こり、腰痛、目の疲れ

◆少沢(しょうたく)・・・肩こり、首のこり

◆小骨空(しょうこっくう)・・・目の疲れ

◆少衝(しょうしょう)・・・不安、緊張、動悸

ツボの位置はおおよそのもので、個人差があります。
反対側の手で押してみた時に「痛気持ちいい」と感じるポイントを探しましょう。
1カ所10~15秒を目安に押します。
※見つけにくい時は、おおよその位置をマッサージするだけでもOKです。

まとめ

『梅雨だる』をずるずる引きずると、そのまま『夏バテ』になってしまうことも。

不調を感じたら、早めの対策が肝心です。

炭酸風呂で気持ちよくリフレッシュして怠さや疲れを落とし、梅雨を元気に乗り切って、夏を迎えましょう!

タイトルとURLをコピーしました