明石市大久保エステ☆トキブルーム☆梅雨時のひどい眠気はどうして!?

Bijouのブログ

こんにちは。

50代からの美肌をつくるトキブルームの小山和子です。

「梅雨になるとなんだか眠い」

「体がだるきてやる気がでない」

「頭痛やめまいを感じる」

など、天気が崩れるとからだの調子が悪くなり、憂鬱になりますよね。

なぜこのようなことが起こるのでしょう。

 

梅雨のひどい眠気…それは天気病かも!?

気象の変化が原因で起こる体調不良は、「気象病(天気病)」といわれ、その中でもとくに天気の変化によって起こる痛みは「天気病」と呼ばれます。

気象病の原因は、生命を保つために欠かせない働きを担っている「自律神経」にあると考えられています。

「自律神経」は、からだが活動している時に活発になっている「交感神経」とリラックスしている時や睡眠の時に活発になっている「副交感神経」があります。

2つの神経は、お互いが正反対の働きをしてバランスよく機能していますが、気象に変化、季節の変わり目などで、自律神経が崩れやすくなります。

この自律神経のバランスが崩れると、眠気・だるさ・痛みなどがあらわれます。

また、耳の鼓膜の奥にある「内耳」の気圧センサーが、気圧低下に敏感に反応すると、自律神経のバランスが崩れやすく、さまざまな不調が生じます。

 

雨の日の眠気・だるさ対策

雨の日に眠気やだるさ、痛みといった気象病の出やすい人は、自律神経のバランスを整える生活を心がけることが大切。

・1日3食きちんととる

・ヨガ、ストレッチ、ウォーキングなどで適度に体を動かす

・腹式呼吸を意識して行う

・体を冷やさない

・シャワーだけですませず湯船につかる

など…実践できそうな方法を選んで、無理のない範囲で行いましょう。

ウォーキングは、歩数計を活用すると数字として見えるので、毎日やりがいが出て楽しく取り組めますね!

気圧の変化に温度や湿度の変化を加わると、気象病の症状が出やすいです。

気象庁のサイトで気圧の変化をみることができますし、天気や気圧の変化を予報できるアプリもあるので、体調管理に積極的に活用するといいですね!

 

梅雨時の眠気・だるさは、何科を受診?

気象病を自分でなんとかしようとしても無理だと感じた時は、病院を受診しましょう。

最近では「気象病・天気病外来」を設けている病院もあるようですが、まだまだ全国的には少ないようです。

まずは「今でている症状で特につらい症状はなにか?」を考えてください。

例えば…

眠気やだるさ、気分の落ち込みがひどい…心療内科や婦人科

吐き気やめまいがつらい…耳鼻咽喉科

頭痛…頭痛外来や脳神経外科

関節痛…整形外科

を受診するといいでしょう。

 

梅雨時から取り組む夏バテ対策!?

梅雨から夏にかけての時期は、激しい「気温差」と高い「湿度」によって、自律神経のバランスが乱れがち。

梅雨時になるとやる気がなくなり、体もだるいという「梅雨バテ」になるひとも。

「梅雨バテ」を放置しておくと、暑い夏に突入した時に、そのまま「夏バテ」になってしまうことがあるので注意!!

いかがですか?

天候で体調が変わりやすい人は、少しでも楽に過ごせるように、毎日続けられる対策をしてみましょう♬

タイトルとURLをコピーしました