明石市大久保エステ☆トキブルーム☆梅雨時期の肌荒れと対策は?

Bijouのブログ

こんにちは。

50代からの美肌をつくるトキブルームの小山和子です。

もうすぐ梅雨の時期に入りますね。

梅雨時は湿気が多く、ジメジメ蒸し蒸しとして不快な気分になりますよね。

汗もかくことが増え、テカリやニキビ、吹き出物など肌トラブルが絶えません。

メイク崩れもしやすくなり、天気の悪さに加えてお肌の調子も悪くなり、ついついイライラしてしまいます。

梅雨時期のお肌は、なぜ不安定な状態になってしまうのでしょうか?

その原因と梅雨時期の肌トラブルを予防するための方法をご紹介します。

 

梅雨の4大肌トラブル その原因

◆テカリ・ニキビ

お肌のテカリやべたつきは、湿度上昇により皮脂が出やすくなることで起こります。

さらに、皮脂量が増加するとお肌で雑菌が増殖して炎症を起こし、ニキビや吹き出物の原因に。

 

◆くすみ

暖かい季節になったとはいえ、雨が降ったらどうしても空気は冷たくなります。

薄着をすると「思ったより寒い」なんてこともあります。

そのせいで血行不良を起こすと、お肌がくすみます。

 

◆日焼け

雨や曇りの日が多い梅雨の時期、じつは曇り空であっても紫外線は降り注いでいます。

うっかり気を抜いて紫外線対策を怠ると、気が付いたときには、お肌のトーンが落ちているなんてことも。

 

◆乾燥

湿気の多い梅雨時期には盲点になりがちですが、実はエアコンや除湿機などによって乾燥肌が進んでしまいます。

また、お肌がべたつきやすくなることによって、保湿ケアの手を抜いてしまいがちという理由も。

 

梅雨の肌トラブル対策スキンケア

◆洗顔・クレンジングはていねいに

テカリの原因になる皮脂やニキビを引き起こす雑菌を取り除くためには、普段より入念な丁寧なクレンジングや洗顔が大切になります。

お肌に優しいクレンジング、たっぷり泡立てた洗顔料を使い、細かい部分までしっかりと洗いましょう。

また、洗顔のしすぎはかえって肌トラブルの原因になります。

お肌にとって必要な皮脂まで洗い流してしまうため、それを補うためにさらに多くの皮脂が分泌されてしまうのです。

1日2回(朝と夜)の洗顔を丁寧に行うことが何よりも大切。

 

◆保湿ケアは手を抜かないで

エアコンや除湿器などの影響をうけないお肌を作るために、梅雨時期にもしっかりと保湿ケアを行いましょう。

お風呂上りや夜の洗顔後はもちろんですが、朝のメイク前のスキンケアも大切。

きちんと洗顔・保湿ケアを行えば、毛穴を引き締めることができるので、メイクのりもよくなりますよ!

 

◆冷え対策&フェイスマスクでくすみ軽減!

梅雨時期の温度差による冷えを予防すれば、お肌のくすみを改善することができます。

シャワーで済ませずに湯船に浸かって体を温めたり、スキンケアの前に蒸しタオルを使って、顔を温めるなどして血行を促進しましょう。

スキンケアの際にフェイスマッサージを行うのもオススメ!!

クリームなどを塗った顔を下から上、内側から外側へやさしく指先で撫でるようにマッサージしましょう。

 

◆紫外線対策は真夏と同等

日差しを感じないからといって、梅雨時期のくもり空の下を紫外線対策をせずに歩くのはNG!

梅雨時期の紫外線量は、真夏とほぼ同じと言われています。

曇りの日であっても忘れずに日焼け止めを。

食事もビタミンCやミネラル、リコピンなどを含む食材を積極的に取り入れて、体の内側からも紫外線対策を行ってくださいね。

 

まとめ

「 梅雨寒」という言葉もあるように、カーディガンが必要なほど気温が下がる日もあります。

急な寒さで血管が収縮すると、血行が悪くなって肌の透明感が失われ、顔全体がくすんでしまうことも。

顔の血流を促すには、湯船につかって体を温めたり、マッサージがおすすめ。

また、ヨガなどをして、全身の血流やリンパの流れを整えるのもいいですね。

ジメジメした毎日に負けずに、丁寧なスキンケアで健康的なお肌を手に入れましょう。

タイトルとURLをコピーしました